事例集

CASE

オーストリッチのブリーフケース ハンドル部分補修

百貨店外商様からのご依頼です。


ハンドル部分の切れ補修になります。
長く愛用され愛着のあるバッグ、どうしても使用頻度が高くなります。
見た目の良さや使い勝手もそうですが、持った時の満足度なども加わりますし、スタイルの格も上げて、高揚感にもつながります。そうした愛用品はどうしても負担がかかってしまいます。
持ち手ハンドルの付け根の革も使用頻度によって弱くなります。

お客様のご要望として、表面の革を変えることなく補修してほしいとの事でした。

内側に補強を入れ貼り付け縫い直しです。
持ち手を変えることなくお修理出来ました。

いつもご依頼ありがとうございます。
また何かございましたらご相談下さいませ。