事例集

CASE

ルイヴィトン ブリーフケース ポルトドキュマン・ヴォワヤージュ

創業1821年、現在で200年の歴史があります。グリ・トリアノン・キャンバスと言うトランク工場からスタートし、旅行鞄の専門店へ、ロシアの皇太子やスペイン国王などから発注依頼され業務拡大したのですが、このころからコピーをされて、Striped Canvasなどに変更を行い、またコピー1885年には現在の人気であるダミエライン、ダミエグラフィットラインなども商品化しています。このころから人気商品は常にコピーされ続けてきたのでしょうね。

1883年には土佐藩 板垣退助・後藤象二郎がヴィトンのトランクを購入されたようです。
日本人が購入した現存品としては最古だそうです。

現在はLVMHとても巨大企業ですね。
男性、女性を問わずとても人気があります。そしてこのブリーフケース開口部が広いのでとても使い勝手が良く中にもたくさん物が入ります。

四隅のコーナー革当ての交換と持手根革ベルトの四か所の交換です。

持ち手の根革が切れています。他箇所も弱くなっているので同時に交換致します。

四隅のコーナーの当て革も四か所同時に交換致します。

ヌメ革が新しいので少し違和感は御座いますが、ご使用いただければまた同じように変化してきます。 

これからも出番が多くなりそうですね。

この度はご依頼ありがとう御座いました。