緊張と充実と成長

先日神戸ファッション美術館様のご依頼により、展示資料のクリーニングをさせて頂きました
神戸ブランメル倶楽部の会長をしておられる学芸員の百々さんからのご相談です
10月11日から始まる「日本の男服-メンズファッションの源泉-」という特別展示の為に、服飾評論家のくろすとしゆきさんから寄贈されたモノ
くろすとしゆきさんは、かつてのVANヂャケットにて創業者石津謙介氏の 片腕として、IVY、トラッドの商品開発、KENTの立ち上げをされた、メンズファッション 草創期の重鎮です。
今回のご依頼品は、VANのブレザーや当時VANで製造された「POLO RALPH LAUREN」のジャケット、クロス・アンド・サイモンのスーツなど、60年代70年代のメンズファッションの貴重な資料ばかりです
自ずと、商品のチェック、洗浄や仕上げの処方、ボタンなどの付属品の取り扱いを考えると緊張感が奔ります
弊社の技術者、百々さんを交え細部に渡り相談をしながら決めていきました
さて、作業に取りかかります
技術者は緊張と充実感が交錯しながら作業をしていきます
今回の作業は長年の保管中に発生したカビの除去がメイン
何と言っても40~50年近く前の商品です
目には見えなくても生地やボタンの劣化が起こっているでしょう
もちろん貴重な資料であることも常に頭の中に置きながら…
何とか事故無く、汚れやカビを除去することが出来ました
納品と百々さんのチェックも終わり、OKをもらうことが出来ました
ホッと胸を撫で下ろした私と技術者
今回の経験は、緊張と充実感に充ち満ちたモノでした
これでまた弊社も成長出来たと思っております
このような仕事をお任せ頂いた神戸ファッション美術館様、またそのご縁の元になった神戸ブランメル倶楽部に感謝したいと思います
カテゴリー: ファッション, 仕事のこと   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>