カテゴリー別アーカイブ: ファッション

百貨店デビュー

ご縁を頂戴し、本日より22日までJR名古屋高島屋さんに短期出店させて頂いております レザーウェアのメンテナンス相談承り会です 弊社でも提供しているレザーバッグやシューズのメンテナンスとの合同出店です 百貨店の売場に弊社の看板があがるとなると、身が引き締まる思いです これまでも、ネットのお陰で地元以外の方々から何かとご依頼を頂くことは少なからずあったのですが、地元を離れての出店は初めてのこと いろいろな意味でとても有意義な貴重な経験です この経験を活かし皆様にさらにレベルの高いサービスを提供出来るよういろいろ吸収してこようと思います お店はというと、こんな感じでやっております 写真は弊社のスタッフで、スタイリスト歴20年のキャリアを持つ弊社では異色の存在です これまでのキャリアで培ったファッション知識とセンスと弊社の技術を融合し、皆様により安心してお任せいただけるサービスの提供を日々模索しております まずは、このような貴重なご縁を頂戴いたしました関係者の皆様に感謝いたします

詳細はこちら
カテゴリー: ファッション | タグ: , , , | コメントをどうぞ

12月8日は神戸大丸がアツイ!!

12月8日は神戸大丸がアツイ!!んです 男子専科 X カインドウェア X 神戸ブランメル倶楽部のコラボイベントが開催されます 男子専科クリエイティブディレクターの青柳光則氏、カインドウェア・デザイナーの藤重寛志氏、そして、神戸ブランメル倶楽部代表の百々徹氏が出演され、パーティードレッシングをテーマに、正しいフォーマルウェアの知識から最近の見解まで、とことんトークされるんだそうです 是非とも行きたいですね 大丸神戸店6階紳士服フロアーにて、午後2時から2時半までです なんと、さらにその日は、滝沢眞規子さんのトークショーもあるんです 私も大好きなVERYのモデルさんです 大丸神戸店1階メインステージにて、13:00と15:00からです どちらもめっちゃ行きたいですけど、その日は大切な友人の会社の50周年パーティーがあって行けないんですよね ファッションの街神戸でこんなイベントがどんどん開催されて、ますます盛り上がって行って欲しいです

詳細はこちら
カテゴリー: ファッション | タグ: , , , , , , , , | コメントをどうぞ

ツイード・ウォーク&ライド神戸2013

神戸ブランメル倶楽部の秋のイベント「ツイード・ウォーク&ライド神戸2013」が行われました 英国のチャールズ皇太子が提唱する、国際的な羊毛業界の環境保護活動、「The Campaign for Wool」の一環として開催されているこのイベントは、お洒落と散歩と自転車を融合した都市型イベントです 私はサイクリングイベントには参加しませんでしたが、旧居留地の神戸朝日ホールのピロティで行われた交流会に行って来ました                                                                                                     インタビューを受ける百々会長さん                                会員の方々とパシャリ!!                                                                                                       第1回目から参加しているので今回で5回目ですが、毎回楽しく有意義なひとときです 幹事の皆様ありがとうございます

詳細はこちら
カテゴリー: ファッション | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

ルーツに触れる

神戸ファッション美術館で開催されています「日本の男服ーメンズ・ファッションの源泉ー」を見に行ってきました 開催初日の内覧会とレセプションにご招待頂きました レセプションには石津祥介氏、くろすとしゆき氏、白井俊夫氏などメンズファッション界の重鎮がズラーッと メンズスリーピースのパーツを展示です 石田洋服店さんのご協力だそうです 明治時代の貴族の洋装から軍服、大正から昭和初期にかけてのメンズスーツの変遷、1960年代からのVANに象徴されるアメリカファッション、エドワーズに象徴されるヨーロッパファッションと時代を追う毎の変遷が順に展示されています もちろん、先日お手入れさせて頂いた洋服も展示されていました ちょっと感慨深かったです 弊社は、明治34年(1901年)の創業です 創業の地広島で大本営の天皇陛下の軍服の洗濯を御用達したと語り継がれています 今回の展示には近い時期の軍服もあり、弊社のルーツに少し触れることが出来た気がしました

詳細はこちら
カテゴリー: ファッション | タグ: , , , , , , | コメントをどうぞ

これも勉強

ちょっと前の話ですが、9月1日に行われた「神戸コレクション」に行ってきました こういうイベントに行って実際に見るってことも一つの勉強です 神戸コレクションと言えば、リアル・クローズを対象としたファッションショーの先駆けで、春にS/S秋にA/Wの新作を発表するのが特徴ですよね ある意味東京ガールズコレクションの前身のようなモンですかね 会場はオシャレでファッション感度の高そうな女性で溢れかえっています こういうのを見ると女性ってやっぱりオシャレで楽しいことが大好きなんだなって改めて感じます こういう人達のお役に立てるよう精進を怠らないようにせねばと気持ちを新たにしました これを見ることが仕事に直結するかっていうと、そうでもないかも知れませんが、やっぱりなんでも知っておくことは重要だと思います

詳細はこちら
カテゴリー: ファッション | タグ: , , | コメントをどうぞ

世界一高い?洋服ブラシ

近年、弊社では仕上げのレベルアップに取り組んでいます 今回、その一環として洋服ブラシについてしっかり勉強してみようと思い、2軒のブラシメーカーさんを訪ねていろいろお話を聞いてきました 1軒目はイシカワさん なんと10万円以上もする高級ブラシを製造し販売されています そんな高いブラシって何が違うのか?興味津々で行ってきました 横浜市青葉区の住宅街 社長の石川さんにいろいろお話をお伺いしました まずは材料 馬の尾脇毛という尻尾の根元に生えている毛を使います 鳥でいうところの羽毛みたいなモノだそうです これが一般に使われる本毛と違いとても柔らかく弾力があります あとは、職人が手植毛している点、毛の使い方、植え方などいろいろな工夫がなされています また、このブラシに最適の使い方などいろいろ… なるほど… やっぱり実際に聞いてみないと分からないことがたくさんあります せっかくなので買って帰ろうと思いましたが、ここは工房だけで販売はされていないとのことなので、常設で販売している日本橋の高島屋さんで買ってきました 10万円のと最も柔らかく繊細な15万円のモノ、あと細かい作業に良いかなと帽子用の小さいのを買いました 結構な出費ですが、機械を買うことを思えば安いですし、お客様の洋服の仕上げが良くなることを考えれば… 次に小伝馬町の近くにある江戸屋さんへ ここは雑誌などでも良く紹介される有名店です 1718年(享保三年)の創業、八代将軍徳川吉宗の時代ですね もともとは障子張りの刷毛屋さんだそうです ここでも同じようにブラシに対する考え方や職人さんのこだわりなどいろいろお話をお伺いしました 二社二様の考えやこだわりがありますね ここでもいろいろ買って会社で試してみます 二社のブラシの違いも実感しないと分かりませんしね 今後はこれらのブラシも素材、アイテムに応じて使い分けて、より良い仕上がりをお客様に提供出来るようにしたいと考えております

詳細はこちら
カテゴリー: こだわり, ファッション | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

緊張と充実と成長

先日神戸ファッション美術館様のご依頼により、展示資料のクリーニングをさせて頂きました 神戸ブランメル倶楽部の会長をしておられる学芸員の百々さんからのご相談です 10月11日から始まる「日本の男服-メンズファッションの源泉-」という特別展示の為に、服飾評論家のくろすとしゆきさんから寄贈されたモノ くろすとしゆきさんは、かつてのVANヂャケットにて創業者石津謙介氏の 片腕として、IVY、トラッドの商品開発、KENTの立ち上げをされた、メンズファッション 草創期の重鎮です。 今回のご依頼品は、VANのブレザーや当時VANで製造された「POLO RALPH LAUREN」のジャケット、クロス・アンド・サイモンのスーツなど、60年代70年代のメンズファッションの貴重な資料ばかりです 自ずと、商品のチェック、洗浄や仕上げの処方、ボタンなどの付属品の取り扱いを考えると緊張感が奔ります 弊社の技術者、百々さんを交え細部に渡り相談をしながら決めていきました さて、作業に取りかかります 技術者は緊張と充実感が交錯しながら作業をしていきます 今回の作業は長年の保管中に発生したカビの除去がメイン 何と言っても40~50年近く前の商品です 目には見えなくても生地やボタンの劣化が起こっているでしょう もちろん貴重な資料であることも常に頭の中に置きながら… 何とか事故無く、汚れやカビを除去することが出来ました 納品と百々さんのチェックも終わり、OKをもらうことが出来ました ホッと胸を撫で下ろした私と技術者 今回の経験は、緊張と充実感に充ち満ちたモノでした これでまた弊社も成長出来たと思っております このような仕事をお任せ頂いた神戸ファッション美術館様、またそのご縁の元になった神戸ブランメル倶楽部に感謝したいと思います

詳細はこちら
カテゴリー: ファッション, 仕事のこと | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

Cotton Walk & Ride 2013(コットンウォークアンドライド2013)

先日行われた神戸ブランメル倶楽部の春のイベント Cotton Walk & Ride 2013(コットンウォークアンドライド2013) 秋と同じくオシャレをして自転車で神戸を散策するという企画でした 私は自転車に乗らないので、このイベントには参加せず夜のパーティーだけにしました 前回は雨で盛り上がりももう一つの様でしたが、今回は晴天に恵まれ気持ち良くサイクリングを楽しんだそうです イベントの情報や写真が神戸ブランメル倶楽部のホームページに掲載されています http://www.kobe-bc.jp/index.html で、夜のパーティーはというと、いつもながら気おくれするぐらいのオシャレな方々がたくさんいらっしゃっています 場所はいつもの旧居留地チャータードスクエア 神戸ファッション美術館の百々さんの開会のご挨拶 なんやかんやお話ししててあまり写真を撮れませんでした 恒例のTonyさんとの写真 会長の百々さんと運営委員の石田原さんと 今回はちょっと人数も少なかったですが、良い出会いがあったり楽しいひとときでした

詳細はこちら
カテゴリー: ファッション | タグ: , , , | コメントをどうぞ

おとこが男でいる理由

先日、神戸ファッション美術館で行われたクロストーク「おとこが男でいる理由」を聞きに行って来ました 宗教人類学者の植島啓司氏×哲学者の鷲田清一氏 分かったような分からないような難しい哲学的な話 ふむふむと納得の話もあればぽか~んな難しい話も 「男は女の奇形、女は男の奇形」 共感神経細胞 ミラーニューロン 女性は自然のサイクルにシンクロしているが、男性は外れている ハンサム=リベラル うわ~難しい!! 男性も女性も時代と共に形が変わってきたというのは何となく理解 現代の男性は、女性に支える強さを求めているそうな …納得 こういうことはファッションにも関連があるようで 昔から異性を意識することでファッションは進化してきた様ですね やっぱり男としては、何歳になってもいろんな意味で女性にモテたいモンです そのあたりがおとこが男である理由なんじゃないかなって思います たまには勉強するのも良いモンです 頭が硬くなっているのを再認識するばかりですが…

詳細はこちら
カテゴリー: ファッション | タグ: , , | コメントをどうぞ

香港旅行記 その2

かなり間が空いてしまいましたが、香港旅行記続編 初日は深夜にホテル着だったので、すこしゆっくりめに起床 この日は日本で言う大晦日にあたります 香港島のショップはほとんど次の日から正月休暇 なので、この日は買い物デー 遅めの朝食は香港島の「蓮香居」で飲茶 ホテルを出て地下鉄に乗り、中環まで そこから、トラムに乗り換えてお店へ 2階建てのトラムに初めて乗って、子供達も楽しそう 降りるところを間違えないように地図を見ながら、「今ここを曲がったから…」 程なく目的地に到着 昼ご飯は無しの予定なのでしっかり食べなきゃ で、ランドマークの開店時間に合わせて移動 まずは、TASSELSで靴の物色 AldenやEdward GreenやCrockett&Jonesが安く買えます クリスマスから旧正月まではセール時期にあたるので、上手くいけば掘り出し物が有るかも… やっぱりセール最終日ということもあって、セール品はサイズが… 以前から欲しかったというより、これを買うのが今回の目的の一つのAldenのコードバンのVチップを買いました あと、セール品で何とかサイズがあったスウェードのベージュのローファー これもAlden Edward GreenもCrockett&Jonesもセール品であり得ないような値段のモノが有ったのですが、残念ながらこれはサイズがダメ 目的達成したので、私の買い物は以上で終了 続いて、Manolo Blahnikへ これは圧巻 香港のセールはすごいって聞いてましたけど 店内の半分以上が50%OFF それ以前のシーズンのものになると70%OFF 折角なので、家内にパンプスとサンダルを1足ずつ 靴はなんやかんやで時間がかかるので、すでに結構な時間に 日本で予習してきたバッグも見てみましたが、あんまり安くないというよりほとんど変わりません もうちょい円安になるのが遅かったら良かったのにと思いながら… ちょっと休憩ということで尖沙咀にもどって休憩することに お目当ては香港スイーツ お目当てのお店に行ってみましたが、残念ながら休み という訳で、チェーン店の許留山にて その後、街をブラブラしながら翌日以降の朝食を食べるお店を物色 ぼちぼちこの日に到着する義両親も着いている頃だろうとホテルへ … 続きを読む

詳細はこちら
カテゴリー: ファッション, 食べたり呑んだり | タグ: , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ