カテゴリー別アーカイブ: 政治

いよいよ衆院選

第46回衆議院選挙の公示日 いよいよ選挙戦が始まるわけです このブログに政治的なことは書かないようにしていますが、選挙に関することということで… 今回の選挙の争点と言われているのは、原発、消費増税、経済政策等々… でも、原発が無くていければ無い方が良いのは誰でも分かっていることだし、消費税を上げずに済めば良いことも分かっていることだし… 各政党の主張を聞いても、原発推進論なんてもちろん無いですし、理由無く消費増税を進めるなんてこともない 何か当たり前のことをことさらに争点にしているようで、政党の違いが見えにくいです 付いたり離れたりが繰り返されて、結局トップにいる人の覇権目的のようにも見えます それより、経済政策、外交政策なんかをしっかり見ることが重要ですし、地方分権も官僚主導政治から脱却するには必要なことですね まずは、政治家の能力、資質、政党の政権担当能力なんかを冷静に見るべきだと思います 3年前に政権交代を旗印に民意を得た民主党も選手不足で政権担当能力を問われました 首相の能力も問われました 長々と続く自民党政権時代と比べて、選挙に関心をもつ人が増えているようですから、今現在の損得ではなく自分の国の未来について皆が考えないといけないのだろうと思います 小泉郵政選挙以来、「ホンマに政治のこと、政策のこと解ってんの?」と思うような数合わせ政治家が増えたのは事実です それは、その時の流行りで何も考えず誰かも分からない若造候補やタレント候補に投票してきた我々の責任です 今回の選挙では、そんなことが無いように願うばかりです やはり、政治家は当選回数を重ねないと発言権も与えられないし、中心になって良い仕事もさせて貰えないのは見てて分かります 若くて、勉強熱心で、わが国の未来のことを良く考えていて、パワーがあって…そんな議員を何度も国会に送り出すべきです その時の流行りでコロコロ変わるのは、決して未来のために良いことでは無いと思います 若い政治家は我々の手で育てていくぐらいの気概がなければ、国会に行かせるべきではありません 私は、そんな風に候補者を判断して一票を投じていきたいと思います ちなみに今回の投開票日は私の誕生日 明るい未来というプレゼントが届くことを祈っています

詳細はこちら
カテゴリー: 政治 | タグ: , , | コメントをどうぞ

石井としろうを育て世に尽くさせる会

いわゆる政治資金パーティーなのですが、タイトルが良いですね 政治家は有権者が育てて、「世に尽くさせる」 我々も、こういった形で政治参加することは良いことだと思っています 選挙浪人時代から、懇意にして頂いている石井としろう衆議院議員 当選から2年半が経ち、ますます政治家らしくなってきました 壇上で堂々と話し、報告をする姿はなかなかのモンです 今回のゲストスピーカーは馬淵澄夫元国土交通大臣でした 昨年の、震災後の首相補佐官の時の話や、代表戦の話など興味深く聞かせて頂きました 民主党政治には賛同しかねる部分も多いですし、「しっかりしろよ!!」って感じですが、彼らのような若くてバイタリティーに溢れる勢いのある政治家には是非とも頑張って欲しいと思います 民主党自体は変わりそうもありませんから、党を離れて活躍してくれると応援もしやすいのですけど… そうそう!! 司会をしていた「まきちゃん(三橋真記さん)」も、頑張ってるみたいですよ 是非とも、若い力で良い国にしていって欲しいものです

詳細はこちら
カテゴリー: 政治 | タグ: , , | コメントをどうぞ

維新圧勝!!

昨日行われた大阪府知事、大阪市長W選挙、橋下徹氏と松井一郎氏が圧勝しました 橋下徹率いる「大阪維新の会」が主張する「大阪都構想」がにわかに現実味を帯びてきました このブログで政治思想や主張を書くことは基本的にNGにしていますけど、今回の選挙結果は今後の我が国の行く末に一石を投じることになりそうなので… まんまと、橋下氏の思惑どおりになりました もちろん、民意がその方向を向いているからですが… やはり変革が必要な時代ですね 今のままではダメだと皆が思っているのでしょう 特に若い世代の人達は… もちろん私もその一人です 従来の、官僚主導の国政と行政、役所職員主導の地方政治と行政では良くならないのは目に見えています 橋下氏42歳、松井氏47歳、政治家としては若いですが、若い発想とバイタリティーでまずは大阪を変えていって欲しいと思います 関西の経済は大阪を中心とした経済です 関西の景気浮揚は大阪にかかっていると言っても過言では無いと思います 橋下氏は実は私と同い年 なんとなく親近感が沸き応援してしまう部分もありますが、頑張って欲しいものです 市長選の投票率は60%を超えたそうです このことと選挙結果から見ても、とにかく変わって欲しい、変えて欲しいという思いが多くの市民にあるのでしょう 変えることは難しいことです 知恵もいるし体力も精神力もいります 政治は結果が全てですから、是非良い結果をもたらして欲しいと思います 変革の良い手本になって欲しいですね 国民が変化に期待して信任した民主党政権の末路のようにならないことを祈ります 私自身この件についてはいろいろ考えるところもありますが、ブログに書くことでもないので…

詳細はこちら
カテゴリー: 政治 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

やらせ

原子力安全・保安院の「やらせ」が問題になっています 九州電力の玄海原発の運転再開に関する「やらせメール」が発端 中部電力や四国電力の過去のシンポジウムに於いて、「やらせ」の指示があったという内部調査結果 さらに九電の問題では佐賀県知事が発端だという見方も出ています まぁ、私企業においては所謂根回しなどがあってもおかしくは無いのでしょうが、国や自治体の首長が噛んでいるとなると… 国民の前に、「国」という最大強者が暗躍しているとなると、一体この国はどうなってしまうのでしょうか? 我々国民はどうされてしまうのでしょうか? 原発に対する是非とは別問題で、こういった民意の誘導や歪曲が横行しているとなると、政治、行政に対する信頼感が全く無くなってしまいます 憤りを感じながらも、一国民のレベルでは無力に等しい… 今回の事件を通して、政治、行政のモラル、特に強者としてのモラルについて皆が考えなければなりません 政治家、行政官と言えど一国民なのですから

詳細はこちら
カテゴリー: ふと思ったこと, 政治 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

偉くなってはいけない!!

松本復興担当大臣辞任 3日岩手、宮城の知事に会った際に不適切な言葉があったことを、責任追及され辞任したのだ 「知恵を出さないヤツは助けない」発言など諸々… 一連の話の流れを見てみると、一般社会では「叱咤激励」や「責任分担」と捉えても良い発言 私も社長として同種の言葉を従業員に投げかけることがよくある しかし、大臣ともなると言葉を選ぶ必要があると思う まして、マスコミが入ってのオフィシャルな場での言動には「荒っぽさ」は必要無い 言葉を額面通り報道して批判したり評価するのがマスコミ 行間やニュアンスをくみ取ることはない 人はとかく立場が偉いと自分が偉くなってしまう そんな、自分が偉くなってしまったが為に出てしまった言動だと思う 「偉い」は他人が感じ、評価するもの 政治家は特に偉くなってはいけない もちろん社長も同じだと常々自分に言い聞かせている 「長幼の序」という言葉が使われた お客である自分が待たされ、知事が後から入ってきたことを叱責するのに使われた言葉 大臣と知事が「長幼」という関係にあるかがそもそも疑問 国会議員、大臣という立場のおごりだと思う 私も幼少時からずっとスポーツをやってきたので、先輩や監督より先に準備をして待ったり、立礼したり、ミーティング時の座る位置にも上下があったり… 当たり前のこととしてそなわってきた いわゆる礼儀と今回のこととは違う気がする 仕事が出来、親分肌の人物のようだが、自分のテリトリー内で理解されることも、外に出ればそうでないことを、わきまえておくべきだったのだと思う 自信を持って仕事をし、リーダーシップを発揮し、一定の成果を上げてきただけに残念な結果になった とにかく、「偉く」なってはいけない

詳細はこちら
カテゴリー: ことば, 政治 | タグ: | コメントをどうぞ

石井としろう朝食勉強会

今朝掲題の朝食勉強会に参加してきました 数ヶ月に一度、代議士の活動報告とテーマに沿った講演があります 今回のテーマは「東日本大震災対応と今後のエネルギー政策について」 幹事長補佐として、震災対策本部の一員となっていた石井代議士は震災の発生翌日の3月12日には地元西宮にもどり、西宮市より被災者支援システム(阪神大震災時に確立したシステム)の被災地導入に向けて活動していたそうです さらには、特命により東電原発事故統合対策本部にて細野豪志、馬淵澄夫両首相補佐官のサポートをするなど、阪神大震災被災地選出の代議士として、大いに活躍されている姿が見て取れます 活動や今後のエネルギー政策についてお話がありましたが、それはさておき、今回の震災対応に対する反省として、以下を挙げています ◆政府・与党としての反省  ・自治体の裁量に委ねすぎた  ・「へたくそサッカー」状態になった  ・政策優先順位を決定する政治決断が欠如  ・官邸がブラックボックス化した ◆議員としての反省  ・先輩議員を立てすぎた  ・秩序を優先しすぎた 阪神大震災被災地域の自治体や団体の名前が支援活動のニュースに挙がったことはしばしばありましたが、この地域選出の政治家、震災経験のある政治家の名前がもっと出てきても良かったのではないかと思います 今の政党政治では当選回数によって発言権や活躍の場が決まってしまいます 政治家は会社の新入社員とは違います もちろん経験がモノを言う場面もあります しかし、各選挙区で選出された一人前の政治家であるという点では皆同じです 一年生議員である石井代議士は新人であるということにある意味で甘えがあったのかも知れません 遠慮があったのかも知れません そういった意味合いの反省をしておられますので、今後はバリバリやってくれることと期待しています 若い柔軟な発想と知恵、感性を持った議員が臆せず発言し、政党にもそれに対して聞く耳を持つ度量が必要であると思います もちろん数合わせの為に、何の知恵も政治信条も持たず議員になっている人も居るのかも知れません そんな政治家は別として、志高くエネルギッシュな若い政治家の活躍なくして、我が国の活性は無いと思いますので、是非頑張って欲しいものです 追記 司会をしていた浪人中の「まきちゃん」(三橋真記さん)も、なかなかしっかり話が出来るようになっていました 声も大きくなっていましたしね 日々頑張っておられることと思います さらに追記 今日、この朝食勉強会の会場はホテル竹園芦屋でした 竹園の社長さんです

詳細はこちら
カテゴリー: 政治 | タグ: , , | コメントをどうぞ

多数決でなく決めることができるの?

大阪府議会で府議会議員定数の削減案が可決されたそうだ 府知事橋下徹率いる「大阪維新の会」が過半数の力で押し切って可決したという しかも既存政党の、公明、自民、民主、共産は欠席したのだ 「数の横暴だ」と言う まずは府民の負託を受けているのだから、議員としての職務を全うする義務があるはず 反対の意思表示は欠席することではない どんな状況であろうと、議会に出席し議論するのが仕事である 欠席は職場放棄と同じコトであることを認識して欲しい そもそも、「数の横暴」ということになれば「多数決」は存在し得ない 国会であれ、地方議会であれ選挙民の信任を数多く得た会派が、選挙民の多数派の代わりに議案を通すのは当たり前のこと 少数派には、その内容に問題があれば、変更させるだけの説得力が必要である まぁ、今の国会や菅内閣についてはそのレベルの話ではないので、別問題として… とにかく、国会議員、地方議会議員は既得権益にしがみついたり、体面にこだわることなく、高邁な精神で真っ当な政治をして、今の日本を打開すべく導いて欲しいものだ

詳細はこちら
カテゴリー: 政治 | タグ: | コメントをどうぞ

外務大臣辞任

今日はこればかりでした 辞めるべきかどうかについては賛否両論分かれているようである 外相なので辞めないと仕方がないかなとは思う それにしても外相がコロコロ変わるというのは、外交的に良いはずがない よく言われていることだが、とにかく政局に走りすぎ!! ちゃんと国益、国民の生活の安定を重視して政治をすべき 権力争いや、お家騒動など内輪揉めばかりの会社は潰れる 主導権は足の引っ張り合いで争うモノでは無い 政治家、政党はちゃんと「力」で争うべき!! 国民から負託された職務を全うしなければならない 会社ならすぐクビですよ!! 前原さんは嫌いじゃないんですけどね… 実は前原さんにとっては良いタイミングなのかも知れない 沈みゆく民主党政権で菅さんの後を引き継ぐより、一旦は退いて… まぁそんなことを考える人だとは思いたくないですけど 政治家の皆さん、ちゃんとしましょ!! 頼んまっせ!!

詳細はこちら
カテゴリー: ふと思ったこと, 政治 | タグ: , , | コメントをどうぞ

石井としろうを育て、世に尽くさせる会

一昨日、民主党の石井としろう衆議院議員のパーティーに行ってきました 石井先生とは2009年の衆議院選挙初当選以前からのお付き合いで、かれこれ3年くらいになるかと 今回のパーティーはいわゆる政治資金パーティー 国政報告と海江田万里経産大臣の講演だった 浪人時代から何度かこの手の会合には出席させて頂いているが、毎回思うのはどんどんスピーチが上手くなっていること 声に張りがあって説得力も増している 政治家として自身をもって活動されている現れだと思う 非常に真面目なのが良い 今回の16人の会派離脱についてはかなり辛口に強い意見を語っておられた 若い政治家はどんどん理想に走ってもらいたい 志を無くさないでもらいたい それだからこそ応援する気になる これからまだまだ頑張ってもらわなければならない 海江田大臣の話は当たり障りの無い話で… 与謝野大臣とのことにはちょっとふれて欲しかった 楽しみにしていたのに…

詳細はこちら
カテゴリー: 出来事, 政治 | タグ: , | コメントをどうぞ