Tag Archives: 補色

セリーヌ【CELINE】 ブギーバッグ

1945年、女性実業家セリーヌ・ヴィピアナ(Celine Vipiana)が夫、 リチャードとともに開いた皮革の子供靴専門店がその発祥です。 セリーヌの子供靴はパリの革職人の技術を生かしたもので、 上流階級を中心に支持を集めました。 顧客の増加とともにアイテムも増加してゆき、 59年にレディースの靴、65年に香水とスカーフ66年にハンドバックがスタートしました。 ブギーバッグはデザイナーの交代に伴って廃盤となりましたが、 いまだに人気が高いモデルです。 白いバッグなので、少しのくすみも他の色のバッグに比べて、 目立って見えます。 底面近くの四隅も革の銀面(表面)が擦れて周りと色の差が出てしまっています。 全体的に薄く黄ばんだ様にも見えています。 メンテナンスメニューは「クレンジング+全体補色」です。 バッグの本来のお色目その物を職人がお作りして、入れて行きます。 銀面が擦れて無くなって目立っていた四隅も色を入れる事で、 目立たなくなっています。 薄くあった黄ばみの目立たなくなり、見映えが良くなっています。 これからの季節はお洋服が落ち着いた色になって行きますので、 バッグ等小物を指し色にお使いになっても良いかもしれません。

Posted in 2-2.バックケア, 2.レザーケア | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment

エルメス【HERMES】ガーデンパーティ

ガーデンパーティーは1892年にガーデニング用の道具を運ぶ為のバッグとして誕生しました。 ガーデニングの用具入れとして誕生した初期のガーデンパーティーは、水や汚れに強いというアマゾニア素材 (エルメス開発のゴム樹脂加工をしたキャンバス素材)のみでした。 アマゾニアはなめらかな表面とマットな質感が特徴。 その後発表されたキャンバス素材のガーデンパーティーはカジュアルなシティーバックとして現在も人気アイテムの一つです。 バッグ底面の四隅、ハンドル付近等の革の銀面が擦れて色が無くなっています。 メンテナンスメニューは「クレンジング+革部分の全体補色」です。 キャンバス部分は元の状態も良かった点もあり、 さっぱりとした印象になりました。 擦れて色が無くなっていた表面もこのバッグの元々のお色目で補色する事で、 周りと色の差が無くなっています。 これからのシーズンにマッチしたお色のバッグ。 またデイリーに活躍しそうです。 *キャンバス地のクレンジングについては、 キャンバス素材の特性やバックの構造等、 汚れの種類によっては落とせない事もございます。

Posted in 2-2.バックケア, 2.レザーケア | Tagged , , , , , | Leave a comment

BREE(ブリー) ショルダーバッグ

BREE(ブリー)ショルダーバッグ 今回はBREE(ブリー)のショルダーバッグ。 BREE(ブリー) ブリーは1970年ドイツで創業されたバッグ、トラベルラゲッジのブランド。 ドイツに脈々と息づくバッグ作りの伝統に根ざした技術に 革新的なエッセンスを加えた創造性に溢れるブリーのコレクションは ヨーロッパを中心に世界中で永く愛され続けています。 ヌメ革を使用した「Natureライン」が有名。 シボ感があり、柔らかく使いやすいデザインですが、 その分端や四隅を中心に擦れて革の銀面が傷つき、 色の差が出てきてしまっています。 メンテナンスメニューは「クレンジング+全体補色」です。 傷付いていた端や四隅も補色を施すと、 このように見映えが整います。 捕食する事で擦れた部分の色の差も無くなり、 見た目も統一感ある仕上がりになりました。

Posted in 2.レザーケア | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

GIORGIO ARMANI バッグ

GIORGIO ARMANI バッグ 今回はこちらのジョルジオアルマーニのショルダーバッグです。 パイピングのキズが目立っていますね。 その他にも、全体的に細かいキズが見受けられました。 メンテナンスメニューは「クレンジング+全体補色」です。 パイピングがキズ付き、地色が出ていましたが、クレンジング で清潔にした後に、補色を加えることで見映えが整いましたね。 全体にあった細かなキズも目立たなくなっています。

Posted in 2-2.バックケア, 2.レザーケア | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

CALVIN KLEIN バッグ

CALVIN KLEIN バッグ 今回はこちらのカルバン・クラインのバッグです。 素材はボックスカーフという、厳選された子牛のきめ細かい革 を使用しています。 特にこの革は引っかきキズなどが付きやすく、写真でも何カ所 かキズが目立っているのがわかりますね。 メンテナンスメニューは「クレンジング+全体補色」です。 目立っていたキズもすっきりと整いましたね。 仕上げに革専用のクリームを入れることで、革に栄養を与える と共に本来の光沢感も甦りました。

Posted in 2-2.バックケア, 2.レザーケア | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment