Tag Archives: エルメス

エルメス【HERMES】ガーデンパーティ

ガーデンパーティーは1892年にガーデニング用の道具を運ぶ為のバッグとして誕生しました。 ガーデニングの用具入れとして誕生した初期のガーデンパーティーは、水や汚れに強いというアマゾニア素材 (エルメス開発のゴム樹脂加工をしたキャンバス素材)のみでした。 アマゾニアはなめらかな表面とマットな質感が特徴。 その後発表されたキャンバス素材のガーデンパーティーはカジュアルなシティーバックとして現在も人気アイテムの一つです。 バッグ底面の四隅、ハンドル付近等の革の銀面が擦れて色が無くなっています。 メンテナンスメニューは「クレンジング+革部分の全体補色」です。 キャンバス部分は元の状態も良かった点もあり、 さっぱりとした印象になりました。 擦れて色が無くなっていた表面もこのバッグの元々のお色目で補色する事で、 周りと色の差が無くなっています。 これからのシーズンにマッチしたお色のバッグ。 またデイリーに活躍しそうです。 *キャンバス地のクレンジングについては、 キャンバス素材の特性やバックの構造等、 汚れの種類によっては落とせない事もございます。

Posted in 2-2.バックケア, 2.レザーケア | Tagged , , , , , | Leave a comment

HERMES【エルメス】エブリン キャンバス

1978年にショルダーバッグとして公開されました。 『エヴリン』はデザイナーの名前“エヴリン”から命名され, 上品で耐久性のある 『トリヨン・クレマンス』を素材とした『エヴリン』は高い人気を誇ります。 開口部はスナップ式で、中身の取出しがスムーズ。 収納力もあり、エルメスの頭文字Hを型押しした個性的で存在感のあるバッグです。 熟練職人が手作業で縫製するため大量生産ができず、 入手困難な状態が続いている希少なアイテムです。 こちらはキャンバスとのコンビのモデル。 キャンバス全体に汚れが目立つ状態。 革部分は四隅や開口部等、 銀面が擦れて色が無くなっています。 キャンバス地にも所々濃くシミがあります。 メンテナンスメニューは「クレンジング+革部分の全体補色」です キャンバス地は全体的にすっきりとしました。 擦れて色が無くなっていた表面も補色する事で、 周りと色の差が無くなっています。 濃いシミの箇所もシミ抜き処理を行い、 シミが見えにくくなっています。 この季節さわやかなイメージを与えるデザインですので、 デイリーに持っていただけるアイテムとして活躍しそうです。 *キャンバス地のクレンジングについては、 キャンバス素材の特性やバックの構造等、 汚れの種類によっては落とせない事もございます。

Posted in 5.未分類 | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

HERMES アジェンダ 手帳カバー

HERMES アジェンダ コンパクトで携帯しやすく、別売りのレフィルを交換することで 永く使え定番人気のシリーズ。 四隅や中央の折り曲げ部、 ペン挿し箇所等、擦れて傷ついてしまっています。 メンテナンスメニューは「クレンジング+全体補色」です。 四隅や中央の折り曲げ部、 ペン挿し箇所等、擦れて傷ついてしまっていた箇所も キレイに整っています。 これでまた毎日ヘビーローテしていただけます。  

Posted in 2-3.他レザーケア | Tagged , , , , | Leave a comment

HERMES バッグ

HERMES バッグ 今回はこちらのエルメス、ボリードのバッグです。 キレイに使用されているようでしたが、それでも4スミなどは キズ付きやすいですよね。 そして、ハンドル部分も黒ずんでいます。 メンテナンスメニューは「クレンジング+全体補色」です。 キズ付いていた4スミも補色を施すと、このように見映えが整 います。 気になっていたハンドルの黒ズミもキレイになり、再びファッ ションアイテムとして使用することができますね。

Posted in 2-2.バックケア, 2.レザーケア | Tagged , , , , , , | Leave a comment

HERMES ボリード

HERMES ボリード 今回はエルメスのボリードです。 特に4スミがスレて白くなっています。 このままの状態では持つのが少しはずかしいですよね。 今回のメンテナンスメニューは「クレンジング+全体補色」で す。 この状態でしたら、キズやスレも気にならずショッピングにも 行けますね。

Posted in 2-2.バックケア, 2.レザーケア | Tagged , , , , , | Leave a comment