Monthly Archives: 10月 2014

セリーヌ【CELINE】 ブギーバッグ

1945年、女性実業家セリーヌ・ヴィピアナ(Celine Vipiana)が夫、 リチャードとともに開いた皮革の子供靴専門店がその発祥です。 セリーヌの子供靴はパリの革職人の技術を生かしたもので、 上流階級を中心に支持を集めました。 顧客の増加とともにアイテムも増加してゆき、 59年にレディースの靴、65年に香水とスカーフ66年にハンドバックがスタートしました。 ブギーバッグはデザイナーの交代に伴って廃盤となりましたが、 いまだに人気が高いモデルです。 白いバッグなので、少しのくすみも他の色のバッグに比べて、 目立って見えます。 底面近くの四隅も革の銀面(表面)が擦れて周りと色の差が出てしまっています。 全体的に薄く黄ばんだ様にも見えています。 メンテナンスメニューは「クレンジング+全体補色」です。 バッグの本来のお色目その物を職人がお作りして、入れて行きます。 銀面が擦れて無くなって目立っていた四隅も色を入れる事で、 目立たなくなっています。 薄くあった黄ばみの目立たなくなり、見映えが良くなっています。 これからの季節はお洋服が落ち着いた色になって行きますので、 バッグ等小物を指し色にお使いになっても良いかもしれません。

Posted in 2-2.バックケア, 2.レザーケア | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment

エルメス【HERMES】ガーデンパーティ

ガーデンパーティーは1892年にガーデニング用の道具を運ぶ為のバッグとして誕生しました。 ガーデニングの用具入れとして誕生した初期のガーデンパーティーは、水や汚れに強いというアマゾニア素材 (エルメス開発のゴム樹脂加工をしたキャンバス素材)のみでした。 アマゾニアはなめらかな表面とマットな質感が特徴。 その後発表されたキャンバス素材のガーデンパーティーはカジュアルなシティーバックとして現在も人気アイテムの一つです。 バッグ底面の四隅、ハンドル付近等の革の銀面が擦れて色が無くなっています。 メンテナンスメニューは「クレンジング+革部分の全体補色」です。 キャンバス部分は元の状態も良かった点もあり、 さっぱりとした印象になりました。 擦れて色が無くなっていた表面もこのバッグの元々のお色目で補色する事で、 周りと色の差が無くなっています。 これからのシーズンにマッチしたお色のバッグ。 またデイリーに活躍しそうです。 *キャンバス地のクレンジングについては、 キャンバス素材の特性やバックの構造等、 汚れの種類によっては落とせない事もございます。

Posted in 2-2.バックケア, 2.レザーケア | Tagged , , , , , | Leave a comment