セリーヌ【CELINE】 ブギーバッグ

1945年、女性実業家セリーヌ・ヴィピアナ(Celine Vipiana)が夫、
リチャードとともに開いた皮革の子供靴専門店がその発祥です。

セリーヌの子供靴はパリの革職人の技術を生かしたもので、
上流階級を中心に支持を集めました。
顧客の増加とともにアイテムも増加してゆき、
59年にレディースの靴、65年に香水とスカーフ66年にハンドバックがスタートしました。

ブギーバッグはデザイナーの交代に伴って廃盤となりましたが、
いまだに人気が高いモデルです。

白いバッグなので、少しのくすみも他の色のバッグに比べて、

目立って見えます。

底面近くの四隅も革の銀面(表面)が擦れて周りと色の差が出てしまっています。

全体的に薄く黄ばんだ様にも見えています。

メンテナンスメニューは「クレンジング+全体補色」です。

バッグの本来のお色目その物を職人がお作りして、入れて行きます。

銀面が擦れて無くなって目立っていた四隅も色を入れる事で、

目立たなくなっています。

薄くあった黄ばみの目立たなくなり、見映えが良くなっています。

これからの季節はお洋服が落ち着いた色になって行きますので、

バッグ等小物を指し色にお使いになっても良いかもしれません。

Posted in 2-2.バックケア, 2.レザーケア | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment

エルメス【HERMES】ガーデンパーティ

ガーデンパーティーは1892年にガーデニング用の道具を運ぶ為のバッグとして誕生しました。
ガーデニングの用具入れとして誕生した初期のガーデンパーティーは、水や汚れに強いというアマゾニア素材
(エルメス開発のゴム樹脂加工をしたキャンバス素材)のみでした。
アマゾニアはなめらかな表面とマットな質感が特徴。
その後発表されたキャンバス素材のガーデンパーティーはカジュアルなシティーバックとして現在も人気アイテムの一つです。


バッグ底面の四隅、ハンドル付近等の革の銀面が擦れて色が無くなっています。

メンテナンスメニューは「クレンジング+革部分の全体補色」です。

キャンバス部分は元の状態も良かった点もあり、

さっぱりとした印象になりました。

擦れて色が無くなっていた表面もこのバッグの元々のお色目で補色する事で、

周りと色の差が無くなっています。

これからのシーズンにマッチしたお色のバッグ。

またデイリーに活躍しそうです。

*キャンバス地のクレンジングについては、

キャンバス素材の特性やバックの構造等、

汚れの種類によっては落とせない事もございます。

Posted in 2-2.バックケア, 2.レザーケア | Tagged , , , , , | Leave a comment

HERMES【エルメス】エブリン キャンバス

1978年にショルダーバッグとして公開されました。
『エヴリン』はデザイナーの名前“エヴリン”から命名され,
上品で耐久性のある 『トリヨン・クレマンス』を素材とした『エヴリン』は高い人気を誇ります。
開口部はスナップ式で、中身の取出しがスムーズ。
収納力もあり、エルメスの頭文字Hを型押しした個性的で存在感のあるバッグです。
熟練職人が手作業で縫製するため大量生産ができず、
入手困難な状態が続いている希少なアイテムです。

こちらはキャンバスとのコンビのモデル。

キャンバス全体に汚れが目立つ状態。

革部分は四隅や開口部等、

銀面が擦れて色が無くなっています。

キャンバス地にも所々濃くシミがあります。

メンテナンスメニューは「クレンジング+革部分の全体補色」です

キャンバス地は全体的にすっきりとしました。

擦れて色が無くなっていた表面も補色する事で、

周りと色の差が無くなっています。

濃いシミの箇所もシミ抜き処理を行い、

シミが見えにくくなっています。

この季節さわやかなイメージを与えるデザインですので、

デイリーに持っていただけるアイテムとして活躍しそうです。

*キャンバス地のクレンジングについては、

キャンバス素材の特性やバックの構造等、

汚れの種類によっては落とせない事もございます。

Posted in 5.未分類 | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

BREE(ブリー) ショルダーバッグ

BREE(ブリー)ショルダーバッグ

今回はBREE(ブリー)のショルダーバッグ。

BREE(ブリー)

ブリーは1970年ドイツで創業されたバッグ、トラベルラゲッジのブランド。
ドイツに脈々と息づくバッグ作りの伝統に根ざした技術に
革新的なエッセンスを加えた創造性に溢れるブリーのコレクションは
ヨーロッパを中心に世界中で永く愛され続けています。
ヌメ革を使用した「Natureライン」が有名。

シボ感があり、柔らかく使いやすいデザインですが、

その分端や四隅を中心に擦れて革の銀面が傷つき、

色の差が出てきてしまっています。

メンテナンスメニューは「クレンジング+全体補色」です。

傷付いていた端や四隅も補色を施すと、

このように見映えが整います。

捕食する事で擦れた部分の色の差も無くなり、

見た目も統一感ある仕上がりになりました。

Posted in 2.レザーケア | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

GIORGIO ARMANI ブリーフケース

GIORGIO ARMANI ブリーフケース

今回はジョルジオ アルマーニのブリーフケース。

1975年にジョルジオ・アルマーニにより設立したファッションブランド、
およびレジャーブランド。
ファッション業界で最も権威のあるブランドで、
メインブランド「ジョルジオ・アルマーニ」のほか、
複数の姉妹ブランド、化粧品、
リゾート、高級レストランなど多彩な事業を展開し、
「アルマーニ」と総称されています。

バッグの色目が「白」と言う事もあり、

全体に薄く黄バミや黒ズミが目立ちます。

キズも有り、その部分に黒い汚れもあります。

白い色はシーズンを問わず使用出来、

コーディネートのアクセントとして重宝する色ではありますが、

どうしても汚れ等が目立ってしまいます。

メンテナンスメニューは「クレンジング+全体補色」です。

黄バミや黒ズミ等も全体を補色する事で、

統一感ある仕上がりになります。

キズなども革の上からただ補色するだけでは無く、
出来る限り元の状態に近づくようにキズを整え、
触り心地等も職人の手で感触を確かめながら仕上げていきます。

持ち手部分も自然に整っています。

デザインが定番のブリーフケースなだけに、

また気持ち良く毎日使っていただけます。

Posted in 2.レザーケア | Tagged , , , , , , , | Leave a comment